スポンサードリンク

DHCのマカ

DHCのマカ製品には、マカ以外に、ガラナ、亜鉛、セレンを含んでいます。ガラナ(Guarana)は、強壮作用や疲労回復・ストレス解消などの効果があるハーブです。特性がカフェインと類似しているガラニンが主成分です。ガラナはこのガラニンのほか、タンニン、サポニン、脂肪、コリンなどを含んでいます。



ガラニンは、習慣性はなく、カフェインと比べると代謝される時間もより長くかかるため、穏やかな持続性の興奮作用が得られることで、疲労回復に効果があるとされています。しかし、過剰摂取では様々な副作用の危険があるとされています。常用はリスクがあるといえそうです。



亜鉛はたんぱく質の合成や遺伝子の複製、細胞の増殖、生命の誕生、傷口の治癒、免疫力の強化、そして、男性を元気にし精力を高める、味覚を司る味蕾を成長させる、などの点で重要な働きをしています。妊娠にはビタミンEが重要な要素であることは知られていますが、亜鉛もそれに劣らず大切な栄養素です。



セレン(セレニウム)には強力な抗酸化作用があり、亜鉛などと同時に摂取するとより効果的といわれていて、がんの発生や転移を抑えると考えられています。肺がん、大腸がんと前立腺がんには、特に有効との報告があります。



セレンの抗酸化作用が、肌や血管など、体のいたるところで働くことで、活性酸素が原因とされる老化を遅らせてくれることを期待されます。さらに、セレンが、血圧に関わるホルモンに作用し、血管を拡張させたり、血液が固まるのを防ぐことで、脳血栓、心筋梗塞などの血栓症の発生の予防効果を期待できるとしています。



マカは、更年期障害の改善効果を期待できるんですが、亜鉛とセレンの必須微量ミネラルも、女性の生殖生理作用に深く関わっていることから、女性ホルモンのバランスを整えるなど、更年期障害や、生理不順の改善効果を期待できます。



セレンには、デトックス(解毒)効果があり、水俣病の原因となった有害物質の水銀を、無毒で安定した化合物に変化させるなど、有害ミネラルなどに対してのデトックス(解毒)の効果が期待されています。



しかし、セレンには過剰摂取のリスクが懸念されます。セレンは過剰摂取の場合の毒性が強く、必要量と中毒量の差がとても小さいため、サプリメントなどの安易な摂取には注意が必要とされています。



セレンを慢性的に過剰摂取すると、爪の変形や脱毛、胃腸障害、下痢、疲労感、焦燥感、末梢神経障害、皮膚症状などがみられます。セレンをグラム単位で摂取すると、重症の胃腸障害、神経障害、心筋梗塞、急性の呼吸困難、腎不全などを引き起こすとされていて、実際にアメリカで発売されていたダイエット商品に問題が発生しています。



セレンの食事摂取基準は厚生労働省の2005年版の日本人の食事摂取基準によると、男性の推定平均必要量が25μg、推奨量が30μg、上限量が450μgで、女性の推定平均必要量が20μg、推奨量が25μg、上限量が350μgとされています。ただし、30〜49歳の男性の推定平均必要量が30 μg、推奨量が35 μgとなっています。日本人の平均的なセレンの推定摂取量は100μg/日とされ、中毒を起こす摂取量は、800μg以上とされています。



以上のことから、DHCのマカは、疲労を感じたときなどに短期間摂取する使用方法をおススメします。
DHC マカ サプリ 最新一覧 By 楽天
タグ:DHC マカ

スポンサードリンク



マカ 最新一覧 By 楽天







女性の毎月のお悩みに。こだわりのマカ。


マカをお探しの方、必見!マカを見分けるポイントがすぐ分かる!


マカでイキイキ美しく。こだわりのマカ。


医者が選ぶサプリメント


「冷える」そんなお悩みに。こだわりのマカ。


イライラする50代に。こだわりのマカ。


マカで赤ちゃん。こだわりのマカ。


高品質マカ通販専門店HotStore


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです


送料無料!小林製薬のマカEXセット


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。