スポンサードリンク

マカとアスパラギン酸

マカにはアスパラギン酸が含まれています。アスパラギン酸は、アスパラガスから発見されたことからこの名がつけられた非必須アミノ酸です。



非必須アミノ酸は、タンパク質を構成するアミノ酸で体内でも合成できるアミノ酸のことです。体内で合成できることで非必須とされているんですが、必要な量をすべて合成できているとは限りません。例えば、激しい運動をしたときなどは、明らかに不足します。そんなときにアスパラギン酸を経口摂取すると疲労回復を促進してくれます。



アスパラギン酸は炭水化物をエネルギーに変える糖質代謝を促す働きもあり、グリコーゲンの原料にもされることで、エネルギー源としてとても利用されやすいアミノ酸です。疲労回復や肝機能促進の作用があるので、栄養剤にも用いられています。



アスパラギン酸は、カリウム・マグネシウムのミネラルと結びついて、それらを細胞内に運搬する働きもあります。これによって、体液のバランスをよい状態に保ち、神経系を守り、窒素代謝やエネルギー代謝にも関与し、体内の老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復などの作用に関与しています。



アスパラギン酸は、尿の合成を促進する働きもあって、体内に残留すると毒性を発揮するアンモニアを体外に排出して、中枢神経系を守ってくれるなど栄養素の吸収と代謝を高め肝臓の負担軽減に効果があるなどの作用もあります。



また、皮膚に関しても新陳代謝を活性化させる作用があるので、化粧品などにも使われています。アスパラギン酸はかなり幅広く活躍してくれる栄養成分ですが、食べ物ではアスパラガスをはじめ豆類やうなぎ、小麦胚芽、砂糖きび、肉類、なし、桃などに多く含まれています。



アスパラギン酸が不足すると疲労しやすくなったり、抵抗力が弱まったりします。年齢を重ねると体内でのアミノ酸の合成力も衰えます。マカなどでアスパラギン酸を摂ることは必要なことといえます。



一般的なマカ粉末100gあたりでは、アスパラギン酸 670mgの含有量があるとの分析結果があります。



ベンジルグルコシノレート / マカと亜鉛 / マカとリジン / マカとメチオニン / マカとプロリン / マカとフェニルアラニン / マカとヒスチジン / マカとスレオニン / マカとチロシン / マカとセリン / マカとグルタミン酸 / マカとグリシン / マカとアルギニン / マカとアラニン / マカとアスパラギン酸 / マカとBCAA / マカと鉄分 / マカとカルシウム

スポンサードリンク



マカ 最新一覧 By 楽天







女性の毎月のお悩みに。こだわりのマカ。


マカをお探しの方、必見!マカを見分けるポイントがすぐ分かる!


マカでイキイキ美しく。こだわりのマカ。


医者が選ぶサプリメント


「冷える」そんなお悩みに。こだわりのマカ。


イライラする50代に。こだわりのマカ。


マカで赤ちゃん。こだわりのマカ。


高品質マカ通販専門店HotStore


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです


送料無料!小林製薬のマカEXセット


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。