スポンサードリンク

マカとヒスチジン

マカはヒスチジンを含んでいます。ヒスチジン (histidine) は必須アミノ酸の一種でギリシャ語で「組織」という意味をもちます。ヒスチジンは、以前は体内で合成できると考えられていましたが、体内合成を確認できないことで、1985年より必須アミノ酸に加えられたものです。タンパク質だけでなくヒスタミンおよびカルノシン生合成の前駆体つまり材料でもあります。



ヒスチジンは、体内ではヒスタミンに変換されることによって、神経機能にはたらくと言われています。脂肪細胞では、交感神経を刺激して脂肪分解の促進作用があると報告されています。また動物実験のレベルですが、脳の神経に作用して記憶学習能力の向上機能があるとも報告されています。



ヒスチジンは、脂肪細胞からの脂肪の分解を促進し、体脂肪量の減少作用と肥満防止作用があるとされています。また、ヒスチジン摂取による肥満防止作用には性差があり、女性の方が効果が大きいとされています。ヒスチジンは、血液によって脳に運ばれ、脳内で変換酵素(ヒスチジン脱炭酸酵素:HDC)によりヒスタミンに変化し、満腹中枢の一つであるヒスタミンニューロンに作用することで摂食抑制作用が働くと考えられています。



ヒスチジンは、成長に関与するほかに、抗酸化作用も知られており、慢性関節炎の症状緩和、ストレス軽減、性的エネルギーを促すはたらきもあります。また、動物実験の結果、ヒスチジンには血糖値低下作用が認められ、糖尿病予防に有用であると考えられてもいるようです。



ヒスチジンはイワシ、カツオやマグロなど赤身の魚に多量に含まれます。赤身の魚が微生物の攻撃を受けると、ヒスチジンがヒスタミンに転換することがあり、これを食すると“じんましん”と言われるアレルギー様食中毒を引き起こします。



一般的なマカ粉末100gあたりでは、ヒスチジン 190mgの含有量があるとの分析結果があります。



ベンジルグルコシノレート / マカと亜鉛 / マカとリジン / マカとメチオニン / マカとプロリン / マカとフェニルアラニン / マカとヒスチジン / マカとスレオニン / マカとチロシン / マカとセリン / マカとグルタミン酸 / マカとグリシン / マカとアルギニン / マカとアラニン / マカとアスパラギン酸 / マカとBCAA / マカと鉄分 / マカとカルシウム

スポンサードリンク



マカ 最新一覧 By 楽天







女性の毎月のお悩みに。こだわりのマカ。


マカをお探しの方、必見!マカを見分けるポイントがすぐ分かる!


マカでイキイキ美しく。こだわりのマカ。


医者が選ぶサプリメント


「冷える」そんなお悩みに。こだわりのマカ。


イライラする50代に。こだわりのマカ。


マカで赤ちゃん。こだわりのマカ。


高品質マカ通販専門店HotStore


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです


送料無料!小林製薬のマカEXセット


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。