スポンサードリンク

マカとメチオニン

マカには様々なアミノ酸が含まれていますが、そのなかに必須アミノ酸のメチオニンがあります。メチオニンは、硫黄を含んだ含硫アミノ酸で、タンパク質中での含有量は多くはありませんが、生体内ではメチル基供与体として重要な役割を担う必須アミノ酸です。また、メチオニンは食品の栄養強化などにも使われています。



メチオニンは、生体内で免疫と深い関連のあるグルタチオンの原料となるなど免疫増強作用があり、タウリンとなることでコレステロール分解を促進することでコレステロール低減作用があり、脂肪燃焼に関わるカルニチンの生合成原料でもあることで肝機能改善作用などが期待されています。



メチオニンは、体内のフリーラジカル(活性酸素)を不活性化し、抗酸化物質のレベルを上げるなど強力な抗酸化作用を持ち老化を防ぎます。鉛をはじめとする有害重金属の排出を促進するデトックス・解毒作用があります。抗疲労物質としても働きます。



メチオニンは、脳の記憶や学習などに重要な役割をもつ神経伝達物質アセチルコリンの材料であるコリンの体内での合成を促進したり、ヒスタミンの血中濃度を下げることで、皮膚のかゆみを抑え、総合失調症、パーキンソン病やうつの症状の改善に役立つのではないかとされています。



メチオニンは、紫外線やパソコン作業で痛んだ目の網膜を修復したり、毛髪を構成する材料でもあるので、健康な毛髪を保つためには不可欠な栄養素といえます。



メチオニンは、アミノ酸のリジンとともに、体内の脂肪燃焼に必要なLカルニチンを合成しますが、この際に、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンB6、鉄分が必要です。クレアチンが体内合成される際の材料となります。リン脂質の代謝に大きな役割を持ち、不足すると肝臓や腎臓に障害が起き、「むくみ」を生じますが、大量に摂取すると脂肪肝の原因になります。



メチオニンを、食品中に含まれる以上の量を自己判断で摂取した場合、危険性が指摘されていて、長期にわたって大量に摂取した場合には、他のアミノ酸に比べ毒性が出やすいといわれ、過剰摂取によって動脈硬化症や胃がんのリスクを高める可能性があるとされています。



一般的なマカ粉末100gあたりでは、メチオニン 110mgの含有量があるとの分析結果があります。メチオニンの摂取目安量としては、成人男性の場合、1日の要求量は体重1kg当たり13mgとされています。



ベンジルグルコシノレート / マカと亜鉛 / マカとリジン / マカとメチオニン / マカとプロリン / マカとフェニルアラニン / マカとヒスチジン / マカとスレオニン / マカとチロシン / マカとセリン / マカとグルタミン酸 / マカとグリシン / マカとアルギニン / マカとアラニン / マカとアスパラギン酸 / マカとBCAA / マカと鉄分 / マカとカルシウム

スポンサードリンク



マカ 最新一覧 By 楽天







女性の毎月のお悩みに。こだわりのマカ。


マカをお探しの方、必見!マカを見分けるポイントがすぐ分かる!


マカでイキイキ美しく。こだわりのマカ。


医者が選ぶサプリメント


「冷える」そんなお悩みに。こだわりのマカ。


イライラする50代に。こだわりのマカ。


マカで赤ちゃん。こだわりのマカ。


高品質マカ通販専門店HotStore


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです


送料無料!小林製薬のマカEXセット


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。